ホーム > タグ > 不思議

不思議

2013年
06月22日
(土曜日)

~してしまいそうだ

先日までの早すぎる連日の夏日。

それが終わったかと思えば、いくらなんでもちょっと待てと声を上げたくなる集中豪雨の日々。

やっと晴れた本日は気持ちいい日和で、どうせなら平日にこの涼しげに晴れた日を寄越してくれとぼやきたくなる、そんな外回り営業職のワタクシです……( = =) トオイメ

ほんと、もうね、夏日続きの時は真剣倒れるかと思ったし、集中豪雨中に外回りしてる時は今度は体が冷えて(だって夏日仕様の薄着に切り替えてたしorz)倒れるかと思ったし、なんだかんだ毎日、倒れてしまいそうだという危機感と戦ってたですよ、ええ。

こういう時は室内の仕事が恋しい……アレはアレで過酷だったはずなのに、喉元過ぎれば何とやら、ですね><

そんなわけで本日は「~してしまいそうだ」で検索、何らかの危機感を覚えた人たちを探してみようと思います。

関連エントリはこちら。

>>>続きを読む
2013年
05月18日
(土曜日)

じわじわと

ブロ友soupさんのブログ現代用語のクソ知識2013のサイドバーに設置されているのを見て面白そうだと触発された金運アップブログパーツの大黒天。ワタクシが設置した時点では1000人足らずだったのに、じわじわと増え続けて今では1408人(2013年5月18日時点)となってます。

これ、1000人超えたあたりでなんとなく設置人数が気になり始めて。

ブログは更新しなくてもたまにスマホでブログパーツのサイトを覗いて「お、大黒天の設置者数が増えてる」と確認するようになり。

じわじわと増えていくさまを見るともなく見てしまうようになりました。

人数が増えるのもじわじわとですが、確認したくなる影響力もじわじわと感じ始めている今日この頃ww やはりパーツ自体に分かりやすく人数が表示されていることに影響を受けているのかもしれませんね(^^;

とはいえ、増えたからどうだと聞かれるととても困ってしまうのですがwww

そんなわけで本日は「じわじわと」をキーワードに検索、あとからやってくる影響力について書かれたテキストを探してみようかと思います。

関連エントリはこちら。

>>>続きを読む
2012年
12月17日
(月曜日)

こんなことってあるんだな

バラエティ番組など自らすすんで見るたちではないのですが。

先週の火曜だったか、食事時にかかっていたテレビでやっていたもてもてナインティナインに、坂本龍馬の兄から連なる家系の末裔という坂本さんが登場し、龍馬の末裔が選ぶ坂本龍馬を演じた役者ランキングなるコーナーが設けられていたのを、見るともなしにダラダラと見てしまいました。

3位が大河ドラマ龍馬伝にて龍馬を演じた福山雅治、2位がこれまた大河ドラマ新撰組!で龍馬を演じた江口洋介、そして1位が仁-JIN-にて龍馬を演じた内野聖陽。TBSの番組だから仕込みじゃねーのかと言ってしまえばそれまでなのですが(笑)その理由が内野さんの土佐弁が素晴らしかったとされては、納得してしまうというものでした。上記三作品とも視聴しておりましたが、実際、内野龍馬は素晴らしかったですしね(^^)ニコニコ

ワタクシ、過去エントリ好みの問題冒頭でも、内野龍馬の素晴らしさを語ってましたね、そういえば。どんだけ好きやねん……

あ、これは余談でした(ヲイww)

その坂本龍馬の家系の末裔という坂本さんの奥さんのエピソード、こっちが本題です。

なんと、新撰組局長近藤勇の家系に連なる方だそうですよ。

これには思わず「ゑ!」と声を上げちゃいましたよ。そんなこともあるんですねぇ……。

縁というものの不思議について思わず考えてしまいました。

そんなわけで、本日は「こんなことってあるんだな」をキーワードに検索、予想もしなかったミラクルな出来事を体験した人たちのテキストをピックアップしてみようかと思います。

関連エントリはこちら。

>>>続きを読む
2012年
10月09日
(火曜日)

気になる

全然別のことを検索して調べていて、男同士って、何して遊ぶんですか(Excite Bit コネタ) – エキサイトニュースというコラムを見つけました。

実はコレ、茅須にとっても、長年の疑問でした……(^^;

このコラムにも書かれている通り、趣味を持っている人たちだと、分かるんですよ。一緒に釣りに行った、とか、フットサルで汗を流してきた、なんて話をたまに聞きますんでね、そういうのは様子が想像できるんです。

が。共通の趣味を持たない、しかし長年の友人で……なんて人も当然、いますよね。そういう人たちって、会った時に、一体ナニをして遊んでいるのだろうか。飲みに行ってるところくらいしか想像できないなぁ、と。

そんなわけで、本日は「気になる」をキーワードに検索、些細な疑問について書かれたテキストをピックアップしてみようかと思います。

……実は「気になる」というキーワードはすでに過去エントリで一度使っているのですが。まぁ2005年4月などという、忘却の彼方にあるような昔の話なんで、キーワード被りにも目を瞑っていただければ><

関連エントリはこちら。

>>>続きを読む
2011年
10月08日
(土曜日)

何が起こったのか

本当に放置ブログと化しつつある月一更新のネタブログへようこそ(自虐)

って、まったくシャレになってないわけですが。

何ごともなかったように更新します。

 

前回~にもほどがあるというエントリを更新した翌日のことだったのですが。

アクセス解析を見ると、えらい数の人たちがやってきてました。えらい数といっても大手さんから見たら鼻で笑われるような数字でしたが、あくまでも当社比(用法不適切)で、いつもよりたくさんの方にご来店(用法不……ry)いただいていました。

何が起こったのかとよくよく見ると、ご来店いただいた方々のほとんどがTumblrからのアクセスでした。おそらく、インフルエンサーと呼ばれる種類の人のアンテナにかかったのでしょう。

ちなみにアクセスが集中していたのは豊富な知識というエントリでした。

 

しかしインフルエンサーの力はすごいね。うちみたいな過疎ブログに人がわんさか押し寄せてくると正直、喜びよりビビりの方が大きいですよww

そんなわけで本日は「何が起こったのか」をキーワードに検索してみたいと思います。

>>>続きを読む
2011年
04月18日
(月曜日)

目を疑う

リアルがカオスだったのでちょいと休みましたが、何事もなかったように再開しますよ。


サイドバーのランダムピックアップをクリックしたら現れた忘れた頃にという過去エントリ。

冒頭で藤田貴美のEXITというまんがの不定期発売っぷり(苦笑)について触れてました。

そういや、EXIT 12巻いつ出るんかねぇ、EXIT 11巻発売は2008年だったから、かれこれまた3年ほど待たされてるなぁ……とこのエントリを見て思いだした茅須、一応確認くらいのつもりでAmazonに飛んでみたところ。

なんと、4月23日発売予約受付中の表示が!

即座に予約ぽちしましたですよ>< なんというぐったいみーーーんぐでしょう?!思わず見間違いかと自分の目を疑ってしまいましたよ><

そんなわけで本日は「目を疑う」をキーワードに検索、自分自身を信じられなくなるほど驚いた事例を、探してみようかと思います☆

>>>続きを読む
  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0
2009年
09月07日
(月曜日)

いるだけで

最近まともにログインすらしてないmixiに、管理コミュが一つ増えました(^^;

もともとのコミュ管理人さんがmixiを退会してしまったので、別のマイミクからやってくれないかなーと打診があり、引き受けることにしました。

元々持ってたコミュも管理放置状態だというのにいいのか安易に引き受けて、と、思わないこともなかったんですが、管理人不在のままだと、書き込みも出来ないと聞いて、それで。

そういう不測の事態があって、ちょっと思ったんですよ。本当にいるだけでも役に立つことがあるんだなーって。

そんなわけで本日は「いるだけで」をキーワードに検索、ただそこにいるだけ、ただそこにあるだけでも役に立っているような、そんな事例を探し出してみようかと思います。

>>>続きを読む
  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0
2009年
09月06日
(日曜日)

眺めてみると

過去エントリを眺めてみるといろいろ新発見があって、自分でもすごく面白いんですよ。あの時期の自分はこんなことを考えていたのか、とか。

自分のブログだけじゃなくて、他の人のブログの過去エントリも面白いです。時事問題とか、そのころの流行り廃りが近い目線から見られるのが面白いんですよ。これはニュースサイトなどの過去データベースを覗くのとはまた違った面白さだと思います。

このブログを長く続けられている理由は、やはり、いわゆる個人ニュースサイトが取り上げているような新鮮な情報じゃないけど、キーワードが共通するという括りだけで、過去現在のエントリが同一の質でもって並べられる、という、検索遊びの特性が活きているゆえもあるかもしれません(^^)

そんなわけで本日は「眺めてみると」をキーワードに検索、どんなものを眺めてみた人たちがいるのかを探してみようかと思います。

>>>続きを読む
  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0
2009年
02月06日
(金曜日)

意外な再会

昨日てんやわんやというエントリをアップしたわけですが。

エントリ本文の最後に表示させている、キーワードによるAmazonサーチリンクに、獅子文六氏のてんやわんやが表示されていました。この作家名を見て、なんか引っかかった茅須。ちなみにてんやわんやは読んだことありません(^^;

なにに引っかかったんだろう、と、Amazonで取り扱っている獅子文六氏の作品一覧を追ってみて悦ちゃんを発見、自分の中の謎が一つ、解けたのでした。

小学校低学年の時に、学校の図書室で、初めて最後まで読んだ小説ですよ……つД`)・゚・。・゚゚・*:.。 感涙

悦ちゃんというタイトルと、主人公悦ちゃんの明るく強いキャラクターだけが強烈に残ってるんで、内容なんてまったく覚えてません。ダメダメです。でもすごく読みやすい文体に引き込まれて、子供心に先が気になって気になって、寝食を忘れて読みふけったことだけはよーく覚えてます。いちばん最初に読んだのがこの小説だったから、長じて小説好きの活字好きになったんだと思ってます。出会いは大切ですよね、ほんと。

そんなわけで本日は「意外な再会」をキーワードに検索、どんな再会の物語があったのかを、探し出してみようかと思います。

>>>続きを読む
  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0
2008年
11月12日
(水曜日)

そうくるか

茅須はミステリ小説のファンなんですが、やはりミステリ小説の醍醐味は「そうくるか!」と膝を打つような終盤におけるどんでん返しの気持ちよさです。予定調和を裏切る気持ちのいい裏切りに遭遇すると、自分の小さな世界が一旦壊れて再構築されるような小気味よさがあるんですよね。それは一種の快楽で、この快楽を欲するがゆえに、茅須はミステリ小説を読み続けるのでした。

そんなわけで本日は「そうくるか」をキーワードに検索、小気味よい裏切りに爽快感を感じているテキストをピックアップしてみようと思います。

>>>続きを読む
  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

Home > Tags > 不思議

Search
Feeds
Meta

Return to page top